投資家は様々な取引手法を選ぶことができますが、デイトレードならばわずか数時間の取引きで利益を出せるようになります。
稼ぐのは難しいのではないかと思いがちですが、チャートの読み方さえ学べばそれほど苦労せずに利益を出せるようになります。

デイトレードは短期的な株価の動きに乗じて利益を出す手法ですが、わずか数時間の動きであれば比較的高い確率で予測することが可能です。
チャートの動きを見ることで、その動向は予測できます。
というのも、チャートには市場に参加する投資家の心理が反映されやすいからです。
トレンドラインを引くことで株価が上昇傾向にあるのか、あるいは下落傾向にあるのかを知ることができます。

さらにそのトレンドラインの支持線にぶつかると上昇し、抵抗線に当たれば下落することが想定されます。
このように株価の動きを読めることで、取引の目安にすることが可能となるわけです。

デイトレードは1日に何度も取引できるので、そのようなトレンドを利用した取引をするチャンスは何度も訪れることになります。
それが、デイトレードで稼ぐことのできる手法となる理由です。
もちろんデイトレードも損失を出すことはあります。
チャートの動きは必ず経験則に沿った動きをするわけではないので、時に想定外の動きを見せることがあります。

そのような場合にも、すぐに損切りをすることができるので損失を最小限に留めることが可能です。
さらに反対売買を行うことによって、動きに合わせてポジションを作ることができるので利益を生みやすくなります。

またデイトレードで空売りも行えれば、下げ相場でも稼ぐことができます。
1日の中で株価は常に上がったり下がったりしているので、利益を出す機会は多くあるものです。
購入したものの予想に反して下げたならば、損切りをした上で逆に空売りをすることで利益を生み出すことができます。
このように相場の動きに応じて柔軟に対応できるのが利点というわけです。

デイトレードで儲けるテクニックとは

デイトレードで儲けるためには、損切りをまめに行うことが挙げられます。
初心者が行いがちなのが、予想に反した動きをした場合に保有を続けることが挙げられます。
そのまま保有すれば、いずれ株価は持ち直すと思うからです。

けれどもデイトレードの利点は短期間で損益を確定させて、資金を常に動かせる状態にすることです。
保有を続けてしまうと、次の投資機会を失うことになるわけです。
そこで含み損を抱えたならば、すぐに損切りをすることが大切です。

短期的には損失を確定するのは心理的に抵抗感を感じるものです。
けれども長い目で見ると、少ない損失を多くの利益でカバーすることができます。
チャートの動きは過去の経験則に従う可能性が高いので、予想に反して損失を出す確率は低いというわけです。

確率的に考えると利益を生み出す方が多いので、多少の損失は経費と割り切ることが大切です。
自分が定めたルールに従い、利益を生み出せる手法であれば常にルール通りに売買をすることが必要と言えます。

またデイトレードで儲けるためには、チャートの読み方をしっかりと頭に入れることも大事です。
安値を結んだ支持線を割り込むと、株価は大きく下げる可能性が高くなります。
逆に高値を結んだ抵抗線を上に抜けると、大きく上昇する可能性が高くなるわけです。

またトレンドラインを読んで、上昇傾向にあれば買いポジションを取るのが基本となります。
逆に下げ相場であれば、空売りをするのが基本的なスタンスとなります。
このように方針を決めることで、確率的には儲ける可能性が高まります。
あとは長期的に収益を生み出せるような自分なりの手法を見つけ出し、定期的に見直すことも必要であると言えます。